カードローンを申し込んだ時の在籍確認・電話確認について

ローンやキャッシングの申し込みをすると、必ず審査があります。審査の中で、借りる人にとって一番面倒で嫌なのは電話確認でしょう。電話確認には2段階あります。

1.本人確認
申込者個人の電話に、申し込んだことを確認する電話が来ます。嘘の電話番号を申告すると、ここで発覚します。

2.在籍確認
次は職場へ電話がかかって来ます。申し込みのときに申告した勤務先が実在して、申し込み本人が在籍していることを確認するためです。嘘の勤務先を申告すると、ここで発覚します。

職場にローン業者から電話があると、借金の申し込みが職場内で知れ渡るからと心配する人がありますが、心配ありません。業者もその辺はわきまえているので、会社名は名乗らず、個人名で電話してきます。

<参考>
⇒会社の在籍確認なしでお金を借りることはできる?
モビットには在籍確認なしで申し込めるWEB申込みでお金を借りれます。
⇒モビットWEB申込み

しかし、それでも勤務先によっては、どうしても電話をされると困るという人もいます。その場合には、ローン業者に在籍確認をどのようにして行うのかを聞いてみると、回避する手段が見つかるかもしれません。それでも見つからなければ、条件付きで「電話連絡なし」の業者もありますので、自分が当てはまるかどうか調べてみるといいでしょう。

電話が本人につながったときは、申告内容を確認するだけでなく、同時に人柄判断もされますので、注意が必要です。身構えてピリピリしていると怪しまれますし、逆に客だからと尊大な態度を取ったりすると、担当者も人間なので心証を悪くして、審査の上で不利になることがあります。仕事の電話と同様に普通に応対していれば、何の問題もありません。



カードローンは銀行と消費者金融でこんなに違う

カードローンといえばみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手銀行のカードローンをすぐ思い浮かべますが、消費者金融会社もカードローンを提供しています。

消費者金融会社ではキャッシングという言い方が一般的ですが、実はキャッシングとカードローンは実体は同じもので、呼び方が違うだけです。以前は使い分けがされていましたが、キャッシングという言葉にあまり良いイメージがないためか、今は消費者金融でもカードローンという呼び方が好まれています。実際に「カードローン」の商品名を使っている消費者金融会社もあります。

キャッシングもカードローンも難しくいうと、カード発行型の個人向け無担保融資のことです。専用のローンカードが発行され、このカードを使って提携ATMでいつでも借り入れと返済ができるので便利です。

実体は同じものでも、銀行と消費者金融のカードローンではさまざまな違いがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。それがわかれば、選ぶときの参考にできるので、詳しく見て行きましょう。



▼銀行と消費者金融のカードローン共通点

まず共通点から行きましょう。どっちのカードローンでも、基本的な仕組みと流れは同じです。

1.ネットや店舗、無人契約機で申し込みする
2.審査を受ける
3.審査に通ったら契約する
4.カードを受け取る
5.銀行振込みやATMで借り入れする
6.期日までに返済する


返済が終わってまた借りるときは、もう審査はないので、上の5.と6.の繰り返しとなります。きちんと返済していれば、カード1枚でいつでも何回でも借り入れできるので、お金が不足したときに大変助かります。貧乏人にとってありがたいサービスです。



▼銀行と消費者金融の違う点

主な違いは以下の通りです。

1.審査の厳しさ
2.金利
3.借入限度額
4.イメージ

それぞれを詳しく見て行きましょう。

1.審査の厳しさ
一番大きな違いは審査の厳しさです。厳しさは違っていても審査の内容は同じなので、まず審査でどんなことを調べられるのか説明します。

A.属性審査
属性とは、年齢、収入、性別、職業、家族構成、住居、居住年数のような、申込者自身の生活に関連した情報のことです。これらを総合的に判断して、申込者の返済能力を審査します。

B.信用情報審査
信用情報とは、申込者の過去の借り入れや現在の申し込みの状況のことです。信用情報を管理している信用情報機関に照会して調べます。延滞をしたことがあったり、多重債務者だったり、一度に他社に申し込み(申し込みブラック)すると、ここでわかりますので、落とされる可能性が出てきます。

C.証明書類確認
本人確認書類と収入証明書類を提出してもらい、審査します。本人確認書類はだれでも必要です。収入証明書は不要な場合もありますが、念のため用意しておくと安心です。申込時に申告した内容と照らしあわせて、正しいかどうかがチェックされます。 D.在籍確認

申込者の勤め先に電話をかけて、その人が本当に在籍していることを確認します。

銀行でも消費者金融でも、以上の審査はすべておこわなれます。

石橋を叩いて渡る銀行では、そのうちの一つでも不安材料があると、審査に落ちる可能性が高いです。法人向けの貸出しという別の収益の方法があるので、個人向け貸出しであくせくする必要もないのでしょう。それと、銀行は不安材料がないか念入りに調べるので、審査に時間がかかります。審査の途中で終業時間が来ると、続きは翌日回しになります。土日祝日にかかると、銀行は休みとなるので、さらに審査が伸びることになります。

それに対して、消費者金融は個人向けの貸出しがメインなので、審査は銀行ほど厳しくありません。そのため手続きは早いし、営業時間は遅くまでやっているので、その日のうちに審査結果がでることもあります。土日祝日も営業しているので、急なお金が必要になったときには、ありがたい存在です。銀行と大違いです。

2.金利
金利は銀行が安く、消費者金融は高い設定をしています。一般的な数字は、銀行が3.0~14.5%、消費者金融が4.5~18.0%です。それぞれの数字に幅があるのは、借入額によって違う利率を適用するからです。たとえば低額の借入の場合は、範囲内の一番高い利率が適用されるので、だまされないようにしないといけません。

銀行の金利が安いのは、審査を厳しくして、確実に返済してくれそうな相手だけに貸すようにしているからです。それに対して消費者金融の金利が高いのは、審査が銀行より厳しくないので、貸し倒れの危険をあらかじめ見込んであるからです。

3.借入限度額
一般的な借入限度額は銀行で数100万円、消費者金融で数10万円です。

消費者金融で100万円以上の高額の借り入れをしたいなら、まずは低額の借り入れからはじめて返済実績を作り、借入限度額を徐々に増額していく方法しかありません。消費者金融は、さらに総量規制の法律により年収の3分の1までという制限があり、どんなに実績があってもそれ以上は決して借り入れできません。他社で借り入れしている場合は他社の分も合算して判定されますので、ますます厳しくなります。

消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法の規制をうけますが、銀行法には総量規制の制限はないので、銀行は総量規制を受けません。そのため借入限度額も高く設定されています。銀行では、他社で借り入れしている人でも、総量規制の制限に引っかかることはありません。

4.イメージ
店頭で契約する場合、銀行だったら堂々と出入りできます。それに対して消費者金融はあまりいいイメージではないので、出入りするところを万が一知り合いに見られたら、人のうわさが気になるので気を使います。



▼メリット、デメリット

銀行と消費者金融のカードローンの違いがわかったところで、それぞれのメリット、デメリットをわかりやすくまとめると、以下の通りとなります。

1.銀行
メリット:金利が安い。高額の借り入れが可能。イメージがいい。
デメリット:審査が厳しい。休業の日がある。

2.消費者金融
メリット:審査がスムーズ。したがって即日融資も充分可能。休業の日は殆どない。
デメリット:金利が高い。高額の借り入れは難しい。イメージがよくない。



▼カードローンを組むなら銀行と消費者金融はどっちがいいの?

それぞれ一長一短があるので、そのときの自分の状況に合わせて選ぶといいでしょう。たとえば、

1.それほど急がない時は、金利の安い銀行で
2.急ぎのお金が必要で、のんびり待っていられない場合には消費者金融で
3.銀行の厳しい審査に通る自信がないなら消費者金融で
4.高額融資を受けたいなら銀行で
5.休日なら消費者金融しかない


というように、いろいろな選び方があります。自分の状況と銀行・消費者金融の一長一短をうまく組み合わせて選ぶと、最強のカードローンが組めるでしょう。